当ウェブサイトは、ウェブブラウジングの体験向上のためにクッキーを利用しています。
クッキーに関するポリシーについてより詳しくお知りになりたい方はこちらからご覧いただけます。
Uh oh! Looks like your browser’s out of date.
You’ll have more fun viewing our site on one of these instead.
×

Hello, I’m Ryo Takahashi

Interaction Designer, IDEO Tokyo

高橋 亮

インタラクション・デザイナーとして、デジタルと現実の世界の間でデザインが果たす役割に関心を持つ。人中心のデザインを重視した優美さにより、異なるメディアや商品、サービスに共通の感性に訴えるシームレスなユーザー・エクスペリエンスを創り出すことを目指している。IDEOボストン・オフィスではウェアラブル端末、スマートホーム、家電、医療機器、スマートフォン・アプリに関連するプロジェクトに参加した。

ストックホルムのHyper Islandでデジタル・メディアを学んだ。サンフランシスコ生まれ、大阪育ち、ヨーロッパや中南米地域に住んだ経験があり、スペイン語も堪能。

Ryo is an interaction designer at IDEO Tokyo interested in the role design plays between the digital and physical worlds. His goal is to create emotional and seamless user experiences between different media, products, and services through the elegance of considered human-centered design. Prior to working at the Tokyo location, Ryo spent several years working at the IDEO Boston office. There, he was engaged in projects that involved wearable devices, smart homes, consumer electronics, medical devices, and various smartphone applications.

Ryo studied digital media at Hyper Island Stockholm. He was born in San Francisco, raised in Osaka, has lived in Europe and Latin America, and is fluent in Spanish.