Hello, I’m Kaho Mukae

Visual Communication Designer , IDEO Tokyo

向江 花穂

ビジュアル・コミュニケーション・デザイナーとして、グラフィック・デザインを言葉として使いながら、クライアントの顧客や組織にて新たな振る舞いを引き出す支援をしている。イラストレーターとブランディングを学んだ経験から、イメージやタイポグラフィーを通して新たなオファーや働き方の基礎を築いている。香港と米国のスタートアップ・ファッション企業や、食品飲料企業で経験を積んだ。米国、香港および上海で暮らした経験から、仕事面でも多文化な視点を持って活動している。

サヴァンナ芸術工科大学にて芸術学学士号を取得。

Kaho is a visual communication designer at IDEO Tokyo. She uses the language of graphic design to help clients inspire new behaviors in their customers and organizations. An illustrator and a branding specialist by training, she lays the groundwork for new offers and new ways of working through images and typography. Kaho started her career at startup fashion and food and beverage companies in Hong Kong and the U.S., designing packaging, technical drawings, and websites. Having lived in the United States, Hong Kong, and Shanghai, Kaho brings a multicultural perspective to her work.

Kaho holds a Bachelor of Fine Arts degree from Savannah College of Art and Design.