Hello, I’m Davide Agnelli

Managing Director, IDEO Tokyo

ダヴィデ・アニェッリ

IDEO Tokyoの共同代表を務める。ビジネスの成長促進、制度的課題への取り組み、新たなオファーのデザイン、新規事業の立ち上げに尽力。2004年に入社し、パロアルトおよびサンフランシスコ・オフィスにてデジタル・デザインのオファーと機能開発支援を担当した後、アジア地域に。2013年以降は東京にて、日本企業が創造力、俊敏性、ビジョン、勇気を持つことによって、グローバル市場で優位性を発揮できるよう支援する。

イタリア、パヴィア大学でコンピューター・サイエンス学修士号、イヴレーアInteraction Design Instituteにてインタラクティブ・デザイン学修士号を取得。企業および教育機関にてメンター活動等も行っている。

Davide Agnelli is co-managing director of IDEO, Japan. He works with clients to drive business growth, tackle systemic challenges, design new offerings, and launch new ventures. Since his start at IDEO in 2004, Davide has worked in the Palo Alto and San Francisco offices, helping to develop IDEO’s digital design offering and capabilities in the Bay Area and eventually in the Asia region. Davide settled in Tokyo in 2013 to help Japanese companies compete globally through creativity, agility, vision, and courage.

Davide holds a Master’s degree in Computer Science from the University of Pavia, Italy and a Master’s degree in Interaction Design from the Interaction Design Institute, Ivrea. He is regularly engaged with both corporate and educational institutions as mentor and design educator.